瀕死の神を救う「赤の書」の占星術 ー英国占星術協会での発表内容からー (鏡リュウジ)

ライブ講座 初心者OK

瀕死の神を救う「赤の書」の占星術 ー英国占星術協会での発表内容からー (鏡リュウジ)

講 師:鏡リュウジ
受講日:準備中
時 間:
受講料:0円(全納)

会 場:T’s渋谷フラッグカンファレンスセンターRoom8I
東京都渋谷区宇田川町33-6
TEL:03-4577-9243
http://www.kashikaigishitsu.net/facilitys/cc-ts-shibuya/access/

鏡リュウジ 占い 学校 講座 スクール 占星術 心理

僕が英国の占星術世界に通いはじめて四半世紀以上が過ぎました。
今年9月、英国占星術協会の年次大会でのスピーカーに選ばれました。

日本在住の日本人としては、おそらく僕が最初の発表者になるのではないかと思います。
(すでに英国にお住まいの心理占星術家ユキコ・ハーウッドさんが発表者されていますが)

今回はその報告を兼ねて、英語で発表する内容を日本語でお話ししたいと思います。
ユングの内的ヴィジョンの記録である「赤の書」に現れる占星術シンボリズムを解説する予定です。
また英国の占星術の最新の事情なども含めて、ご報告しようと思います。

※初心者でも参加できますが、占星術の基礎知識をお持ちですと更にご理解が深まります。
参考書籍

  

カール・グスタフ・ユング プロフィール

C.Gユング 心理学 精神分析 鏡リュウジ 占星術

スイスの精神科医・心理学者。深層心理について研究し、分析心理学(通称・ユング心理学)を創始した。
生理学的な知識欲を満たしてくれる医学や、歴史学的な知識欲を満たしてくれる考古学に興味を抱き、友人と活発に議論を交わし、やがて人間の心理と科学の接点としての心理学に道を定めた。精神疾患の人々の治療にあたるとともに疾患の研究も進め、特に当時不治の病とされた分裂病(統合失調症)の解明と治療に一定の光明をもたらした。ヒステリー患者の治療と無意識の解明に力を注いでいたフロイトと、一時親しく意見を交わした。
1946年に『転移の心理学』、1951年に『アイオーン』、1955年と1956年には『結合の神秘』の第1巻と第2巻が出版されている。これらは、70歳を過ぎての著作であった。

※メール&お電話等にてお気軽にお問い合わせ下さい。
℡03-6427-1360
mail: info@arcanumseminars.com
(火曜日~日曜日 11:00~19:00)

お支払い方法 空席状況 数量 受講料金 (税込)

受講料金(全納)

在庫有り

¥6,480

最後にチェックした講座