講師インタビュー③

講師インタビュー:隈本健一 先生

Q: 占いに興味をもったキッカケはなんですか?

講師インタビュー:隈本健一 先生 小学生の頃、書店に並んでいた占い雑誌は今よりずっと本格的なものが多くて
占いの結果だけでなく、その仕組みや占い方まで細かく載っていたんです。

読んでる内にふと気づいたのは、当時趣味だった「自作ラジオ」との共通点でした。

  -<占い>と<ラジオ>にどのような共通点があったのですか?

どちらも「しっかりした仕組みがある」。
根拠のない直感や統計ではなく、誰がその仕組みを使っても同じ結論を導けるという部分です。
ラジオは「目に見えない電波を聞こえるように音に変換して声を届ける」
占いは 「目に見えない運勢を理解できるよう文に変換して声を届ける」

「占い」と聞いて思い浮かべる不思議なイメージと反対に、その実とても論理的であることに強く興味をひかれました。

Q: 「占い」を学ぶってどんなことでしょう?

人生のチューニング 先ほどのラジオの話しに続きますが、ラジオ放送を受信する仕組みは
送信側の周波数と、受信側の周波数を合わせる「チューニング」にあります。

占いの根本原理は「似ているものが似ているものを引き寄せる作用」です。
類感・照応などとも言いますね。

「こんな願いを叶えたい願望」と「その願いが叶う現実」の周波数を合わせて
顕現させるツールが占いなのです。
ラジオでいえば「ツマミ」の部分ですね。

それは生まれ持った才能だとか、
特異体質のある人だけが出来る能力ではありません。
知識と論理は全ての人に開かれていて、やり方さえわかれば
「人生のチューニング」は誰にでも起こすことが出来るのです。

現状・未来のタイミングを計りながら思い通りの未来を手に入れる。
それが占いを学ぶということです。

Q: 西洋占星術と九星気学、手相、それぞれの魅力を教えてください。

西洋占星術

「西洋占星術」

それぞれ得意分野がありますが
西洋占星術は「未来の様子がわかる」ことに特化しています。
医療にたとえると「診断」にあたり、
その人の「現在の様子・兆候」や「先々の展開・その時期を知る」事が出来ます。
九星気学

「九星気学」

九星気学は「願いを叶える」ことに特化しています。
医療にたとえると「治療」にあたり、
「開運する具体的な方法」を知り「未来を変える」事が出来ます。
上記2つの占術を医療に例えました。
診断(西洋占星術)も治療(九星気学)も、同じお医者さんの仕事ですが内容と目的はまったくちがいますね。
そしてどちらも大切で必要なお仕事です。

西洋占星術と九星気学は2つで1つ。
両方を学ぶことで真価を発揮します。
特にプロフェッショナルを目指される方は、どちらも受講されることをおすすめします!
手相

「手相」

まず手相は道具がいらないので、いつでもどこでも占うことが出来ます。
占いとしては勿論、会話を盛り上げるコミュニケーションツールとしても非常に優秀です。
本人の資質や長所がよくわかり、自分でも知らなかった才能を発掘できるようになります。
自身の潜在意識や成功が暗示されている分野を知り
より幸福な未来を引き寄せることが出来ます。

Q:先生の講座はどのように進められていくんですか?

授業風景 ・西洋占星術
占いの仕組みを知っていただく上で必ずテキストを作ってお配りしています。
どんな人でもわかるように、最初は専門用語をたとえ話に置き換えたりして
徐々に感覚をつかんでいただきます。
生徒さん自身の出生図を題材にどんな些細な質問でもお答えし
コミュニケーションを大切にする「楽しめる講座」を心がけています。

・九星気学
生徒さんの実例(引っ越しなど)をもちよって
それを基に「お水とり」や「お花買い」など、具体的に開運できる方法をお教えしていますので
「学びながら開運できるような講座」になっています。

・手相
参加している「生徒さん同士の手相」を題材に授業を進めていきます。
初対面でも、お互いの手相を見るうちすぐ仲良くなれますので、和気あいあいと授業を進められますよ!

Q: 「占い」が大好きな隈本先生ですが
これからの展望についてなど よろしければお聞かせください。

占いはリアリティがあり、実用的で楽しいものです。

遊びや迷信といった先入観をなくして、沢山の人に知っていただきたいですね。

1人でも多く占いの効果を実感していただければと思います!!

Q:最後にメッセージをお願いいたします

占いを学び使いこなせるようになると、毎日が楽しく面白いですよ!

生きていく上での武器として「現代人に必須のツール」なので

知らない人は確実に損をしています!

豊かな人生を歩む「はじめの1歩」として、是非一緒に学びましょう。

バックナンバー

講師インタビュー 第1回:伊泉龍一(いずみりゅういち)先生

「タロットが織りなすパースペクティヴに魅せられて」

⇒インタビューを読む

講師インタビュー 第2回:石川楓花(いしかわふうか)先生

西洋占星術&ルーン 命術と卜術の魅力

⇒インタビューを読む

講師インタビュー 第3回:隈本健一(くまもとけんいち)先生

西洋占星術&九星気学&手相 理想の未来を現実化する方法

⇒インタビューを読む

講師インタビュー 第4回:登石麻恭子(といしあきこ)先生

占星術は新しい自分を発見できるツール

⇒インタビューを読む

講師インタビュー 第5回:いけだ笑み 先生

「星」とともに 「タロット」とともに

⇒インタビューを読む

講師インタビュー 第6回:ラクシュミー 先生

「拡大する」タロット「絞り込む」占星術 だからこそ「両方一緒」にやって欲しい!

⇒インタビューを読む

講師インタビュー 第7回:鎌﨑拓洋(かまさき たくひろ)先生

自己覚醒のツールとしての四柱推命

⇒インタビューを読む