ギリシア文字占い入門(芳垣宗久)★インターネット講座

ギリシア文字占い入門(芳垣宗久)★インターネット講座

%e3%82%ad%e3%82%99%e3%83%aa%e3%82%b7%e3%83%a3%e6%96%87%e5%ad%97%e5%8d%a0%e3%81%84講 師:芳垣宗久
時 間:約220分
受講料:15,000円(資料含)

※後半終盤には実際に参加者を占う画面がありますが
個人情報を守るために顔は撮影せず、出た文字を講師が解説しております。

2018,8月 音質・可

★初心者OK
★★基礎がわかる方向け
★★★ リーディング能力を高めたい方向け
 

 


ギリシア文字占い(Greek alphabet oracle)は
古代ギリシアの都市オリンポスで実際に行われていた神託術です。

基本的な占い方は大変シンプルで、占者は24個のギリシア文字が刻まれた陶片の中から任意のものをピックアップし、
各アルファベットに対応した神々の言葉から指針を得ます。

これは日本でもよく知られているルーン文字占いによく似ていますが、
歴史的な起源はより古く、占星術や魔術、そしてギリシア神話の豊穣な世界とも結びついた体系を持っています。

たとえば「Γ(ガンマ)」が示すメッセージは
「Γαῖα(ガイア=大地母神)は汝の働きに対して熟した果実を与えるであろう」というもので、
基本的には何らかの努力が報われることを意味しています。

また、「Σ(シグマ)」から導かれる「ポイボス(太陽神アポロン)はただ一言“友好的であれ”と仰せられた。」という言葉は、
困難な状況にムダな抵抗をせず、状況が変化するまで静かに待つように促します。

今回のワークショップでは、古代の碑文から復元された24種類のギリシア文字の神託を紹介し
それらを日常の様々なシーンに応用できる占い方について解説ます。

%e3%82%ad%e3%82%99%e3%83%aa%e3%82%b7%e3%83%a3%e6%96%87%e5%ad%97%e5%8d%a0%e3%81%84%ef%bc%92

<主な内容>

  • 古代の碑文から解読されたギリシア文字占いの歴史/
  • 24文字のギリシア・アルファベットに込められたシンボリズム/
  • 各文字に対応した24種類の神託と解釈/
  • ギリシャ文字占いの実占法/その他
※お電話で講座へのお問い合わせを承ります。
℡03-6427-1360
mail: info@arcanumseminars.com
(水曜日~日曜日11:00~17:00)

お支払い方法 空席状況 数量 受講料金

受講料金(全納・資料含む)

在庫有り

¥15,000

最後にチェックした講座