【東京】「クリスチャン・アストロロジー」を読む!(鏡リュウジ・田中要一郎)

【東京】「クリスチャン・アストロロジー」を読む!(鏡リュウジ・田中要一郎)

%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%82%a2%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%ad%e3%82%b7%e3%82%99%e3%83%bc2018講 師:鏡リュウジ   田中要一郎
開催日:12/13(木)
時 間:18:45〜20:45 ※開場18:30〜
受講料:8,640円(資料含む)

<開催場所>
T’s渋谷フラッグカンファレンスセンターRoom8C
東京都渋谷区宇田川町33-6
TEL:03-4577-9243
http://www.kashikaigishitsu.net/facilitys/cc-ts-shibuya/access/

 忘れられた実用技法・いまだからこそ学ぶ貴重な機会

欧米の占星術業界の近年の流れとして、伝統占星術の復興が挙げられますが、
日本での伝統占星術の書籍の出版数が物語っているように、
伝統占星術の普及というのはまだまだこれからといった感じです。

しかし今年の10月にようやく伝統占星術の重要古典の1つである
「クリスチャン・アストロロジー」が出版されました。

この書籍により少しずつですが、日本でもより一層、伝統占星術が普及していくのではないでしょうか。

ただし、伝統占星術は、現代占星術(モダン)と比べるなら、
構成要素が多く、独学となるとなかなか 難しく感じることが多いかもしれません。

では、伝統占星術を学ぶ意味は何なのでしょうか?

もちろん、本来の占星術を学ぶという意味がありますが、
伝統占星術は現代占星術よりも、より具体的で、予測的であるということが言えるかもしれません。

具体的に将来、何が起こるのか?
そういったことを予測する技法が数多くあります。

今回、「クリスチャン・アストロロジー」の出版記念ということで、
自力で「クリスチャン・アストロロジー」を読むのが難しく感じる方を対象に、
リリーが第2書で取り上げたホラリーの事例を、「クリスチャン・アストロロジー」の翻訳者である私と、
解説を書いていただいた鏡リュウジさんで、リリーがどう読んだ のかを解説し、
伝統占星術の面白さを少しでも感じてもらう講座を開催したいと思います。

※人数限定のコラボセミナーになります。お申し込みはお早めにお願いします。

※必要テキスト クリスチャン・アウトロジー第1・2書
大玄社 ウィリアム・リリー(著)田中要一郎(監修)田中紀久子(翻訳)

当日窓口にて販売もします(著者のサインあり)

 

※メール&お電話等にてお気軽にお問い合わせ下さい。
℡03-6427-1360
mail: info@arcanumseminars.com
(水曜日~日曜日 11:00~17:00)

お支払い方法 空席状況 数量 受講料金

受講料金(資料含)

在庫有り

¥8,640

最後にチェックした講座