古典占星術入門 (芳垣宗久)  インターネット講座

古典占星術入門 (芳垣宗久)  インターネット講座

担当講師:芳垣 宗久
時 間:約230分
受講料:14,000円(全納)資料含む

※お申込みの際に「その他欄」にてご出生データー(時間・場所含む)を記載されてください。

2011-07-29 21.34.12

講座概要

近年、日本国内の占星術書籍界において、古典占星術を取り上げたものがいくつか出版されており、
古典についての関心が高まっています。

  • ウィリアム・リリー著「クリスチャンアストロジー」田中要一郎氏訳や
  • ケヴィン・パーク著「占星術完全ガイド」伊泉龍一氏訳

今まで古典占星術は、ホラリーメディカルアストロジーなど限られた分野のものという印象でしたが、 これから「普段使いのチャートチェックに古典的技法を積極的に取り入れることが可能か?」を探求するのが本講座の狙いです。

古典技法とのモダンとの違いとは?

代表的なものとして、古典では「月から土星までの目に見える7つの惑星を重視する」
また、アスペクトについても、モダンと異なる解釈をする場合があります。

この講座では、古典技法が全く初めての方でもご参加できますよう
前半は古典技法の基本を解説し、後半は参加者のチャート(出生図)を古典技法でリーディングしていきます。

・ルネサンス式では霊的なガイドをしてくれる 天使の名前を出生図から計算するテクニックがあります。
こちらも、みなさんのチャートから導き出す予定です。

モダンとの相違点を確認しつつ解説していきますので、
今まで古典に苦手意識を持たれていた方はもちろん、
これからホラリー、メディカルアストロジー等を学ばれる予定の方、
古典占星術って何?という初心者の方のみなさまのご参加もお持ちしております

<学習テーマ>

  1. 「エッセンシャル・ディグニティ」はどのように解釈されるのか?
    惑星のパワーレベルを測る古典占星術の最重要法則について。
  2. 天王星は水瓶座を。海王星は魚座を、冥王星は蠍座を支配するという説は本当か?
    見直されつつある惑星とサインのルーラーシップ。
  3. 惑星ごとに異なるアスペクトのオーブについて。
    そもそもアスペクトとはふたつの惑星がお互いの姿を「見る」ことを意味した。
  4. 太陽と他の惑星の距離について。
    太陽に近い惑星は本当にコンバスト(焼灼)されるのか? 実際のケースで検証する。
  5. 伝統的な占星術と現代のテキストに見るハウスの解釈変遷。
    セックスのハウスはなぜ第5ハウスから第8ハウスと考えられるようになったのか?
  6. 失われた神話世界とのリンクを取り戻すツールとしての恒星の活用。
    現代ではそのシンボリズムの再検討を拡充が進められている。
  7. 基本的な気質、適職、結婚運や金運等はどう占われたか?
    具体性を追求した古典占星術のテクニックを現代に活かす。

<受講対象者>

12サイン、10天体、アスペクトの知識のある方

※メール&お電話等にてお気軽にお問い合わせ下さい。
℡03-6427-1360
mail: info@arcanumseminars.com
(火曜日~日曜日 11:00~19:00)

20160528130822(2)

お支払い方法 空席状況 数量 受講料金 (税込)

受講料(全納)資料含む

在庫有り

¥14,000

最後にチェックした講座