「スピリチュアル・ビジネス」講習会①インターネット講座

「スピリチュアル・ビジネス」講習会①インターネット講座

スピリチュアル 事業 ビジネス 仕事 開業初心者OK

担当講師:大塚和彦
受講時間:120分
受講料金:6,480円(資料含む)

 

 

「占術やスピリチュアルが好き、好きなことを仕事にしたい!」という方が
増えています。

Facebook・TwitterなどのSNSの普及や、気軽に利用できるレンタルサロンが増えたことによって
昔に比べ、ずっと開業しやすくなりましたが、《スピリチュアル》というジャンルにおける
ビジネス展開に特化した内容「経営方法」「心構え」を学ぶ機会はほとんど無いのが実状です。

スピリチュアルビジネスは特殊なサービス提供でもあります。
私自身が一般的なビジネス勉強会に参加しても、そこで学ぶノウハウがいまひとつ役に立たたず、
心の問題解決・癒し・目に見えづらい効果を対価とするスピリチュアルビジネスにおける
必要とされる知識・技術が大きく異なることを痛感しました。

スピリチュアルビジネス(サービス提供)というものは、まだまだ定義が曖昧な世界ですので
何をどうやって、どこまで 提供すべきなのか? 手探り状態でスタートする人が殆どです。

しかし「なんとなく、こんな感じだろう」と見切り発車してしまうと
必ずといっていいほど、要らぬ苦労を背負います。

提供する側自身に、「大きな迷いや不安」言葉にはかりきれないストレスが蓄積しますので
がむしゃらに頑張り続けてクタクタになった結果、志半ばに挫折してしまうケースが多く見受けられるのです。

本人にいくら才能があっても、ビジネス認識が甘かった為に夢を諦めてしまえば、
その才能は活かされないまま終わり消える・・・。
それは本人にとっても、社会にとっても、非常に勿体ないことです。

今回はそこを解決できるように
《スピリチュアル・精神に関わるサービス提供》に特化した講習会を企画しました!!

【講座概要】スピリチュアルビジネスとは? 陥りがちな盲点とは?

「日本の神様カード」など大ヒットオラクルカードを多数発売している
《ヴィジョナリー・カンパニー代表の大塚和彦氏》が直接講義!
オラクルカードとヴィクトール・フランクル博士の手記「夜と霧」を参考に、
ビジネス上でぶち当たる「しんどさ」を乗り越えていくためのサバイバル方法を学んでいただきます。
(アルカノン・セミナーズ代表・石川由香里より)

– 苦境を乗り切る話 –

1,300年前に編纂された日本の古の伝承『古事記』
2,000年前に編纂されたインドのヨガ哲学書『バガヴァッドギーター』には
《この世の苦しみになげいている主人公》が描かれています。

これらの叡智が風雪に耐え、今の私たちが読むことができるのも
「苦しい現実に直面した主人公と、その苦しさを乗り越えるさま」が描かれているからなのだと思います。

創業15年、過去40を越えるオラクルカード&タロットカードの企画に会社経営者として携わってきましたが
私自身も事業を通して何度も《苦境》に直面したことがあります。
その時に感じたのは《ポジティブシンキング・心の持ち方》といった精神性(根性論)の限界です
苦境に直面した時にマインドをフル回転させて考えても、
考えは固着し思考は堂々巡りになる。時にマイナスのループを描きかねません。

今回は、いままで創ったカードの中でも《苦境を乗り切る》ことに
お役立てできるこの2つのカードを通しながら
「人間にとっての苦悩とその乗り越え方のヒント」をお話しさせていただきます。

また、ナチス政権下で強制収容所に収監され
「現代における極限の苦境」を味わった一人である
ヴィクトール・フランクル博士の手記『夜と霧』を参考に
私たちがどのような心持ちで「苦境」に乗り切るのかをさぐります。

セラピスト、カウンセラー、鑑定士、ヒーラー、医療従事者・・・
苦境に陥った人をサポートする立場の方、
ご自身が悩みの渦中にいらっしゃる方に是非受けていただきたい企画です!

【講座内容】ピックアップ

  1. 日本の古の伝承『古事記』に描かれる神様は、悲しんだり、なげいたりしていることから何を学ぶか
  2. この世で大切なことがすべて書かれているといわれる『バガヴァッドギーター』
    主人公が苦境に陥るところからストーリーは始まる。
  3. 『古事記』と『ギーター』にみる自分自身と、自分自身の本質
  4. 苦しみを回復するプロセスのために大切なこと
  5. 私が見てきた苦境に直面した経営者たち〜自己の苦境もふくめて〜
  6. フランクル『夜と霧』に見る、人間の高貴さ、強さ、自由さ
  7. これらの叡智を私たちのビジネスにどのように活かすか?
  8. 質疑応答

【こんな人にオススメ!】

  • 占い・スピリチュアルの仕事を現在している、していた
  • 占い・スピリチュアル方面での仕事をしてみたい、開業したい
  • フリーで仕事をしている(スピリチュアルでなくても大丈夫です)
  • 将来的に(スピリチュアル・スピリチュアル以外でも)独立起業を目指している
  • 人脈をひろげたい

【大塚和彦 プロフィール】

オラクルカード ヴィジョナリ・カンパニー 大塚和彦

「大塚和彦オフィシャルサイト」
http://otsuka.visionary-c.com/

株式会社ヴィジョナリ・カンパニー代表取締。
1970年埼玉県出身。國學院大学文学部を卒業、
経営コンサルティング会社で実務を経たのち、26歳の時にバックパッカーとして旅に出る。
28歳で社会復帰後、数々の職業を転々とし、
2001年に有限会社ヴィジョナリー・カンパニー(現、株式会社)を創業。
2002年よりヒーリンググッズの卸業、2005年よりオラクルカードの出版を手がけ
取引先数は2,000社を超える。
『日本の神様カード』をはじめとした、いままでに出版したカードは40作を超える。
起業の扉は誰にでも開かれている、だからこそ真似されにくい他社との違いを
一生懸命つくるとポジショニングの重要性を大切にする。

・ご不明な点がございましたら、お問い合わせください。

電話:03ー6427ー1360
メールお問い合わせ(担当石川):info@arcanumseminars.com

お支払い方法 空席状況 数量 受講料金 (税込)

受講料金(全納)

在庫有り

¥6,480

最後にチェックした講座